社員研修をするときに最低限知っておきたいこと

自分の会社で社員研修をするときのメリット

社員研修にも様々な形がありますが、外部の業者に委託するのではなく自分の会社で社員研修をするところもあります。例えば、会社の上司が講師となって新入社員に対して研修を行う場合です。この場合のメリットを一言で言えば、お金がかからないことと言えるでしょう。外部に社員研修を委託してしまうとその分だけ費用がかかることになります。ですが、会社の上司あるいは管理職が社員研修を行えば余計にお金はかかりません。また、場所も外で行うのではなく社内の会議室等で行うことも可能になるでしょう。比較的簡単な内容ならば、わざわざ業者に委託することなく自社でやった方がメリットが大きいわけです。

業者に委託した方が良い場合

社員研修も、自分たちの会社で行う事なく業者に委託をした方が良いこともあります。例えば、中堅以上の社員に対して研修する場合です。この場合だと、教えることができる人が少なくなってくるため専門の業者にお願いをした方が良いでしょう。それ以外でも、管理職に対して社員研修を行う場合も同様になります。外部の業者は、専門的な知識を持っていることもそうですが、研修のやり方を随分と研究しています。研修は、マニュアル通りに話す技術だけではなく話すテンポや飽きさせないような話し方をすることも重要になります。業者に任せた場合には、テンポよく話をするためその内容もしっかり頭に入ってくる可能性があるでしょう。これにより、効率的な社員研修を行うことが可能です。

新入社員研修にはマナー研修、セルフマネジメント研修、ビジネスコミュニケーション研修などがあり、社会人としての基礎知識を学びます。

関連記事