グループワークで効果アップ!グループワークの魅力とは?

社員同士のコミュニケーションができる

業務量が多い社員が大半を占めている会社では日常的にはあまり社員同士のコミュニケーションが取れていないことがよくあります。お互いのことをよく知っていないと信頼して仕事を任せたり、作業を依頼されたときに快く請け負ったりすることはできないでしょう。同僚のためになる仕事ならもっと頑張りたいとモチベーションを上げる人もいます。その原点になるのが社員同士のコミュニケーションの機会を設けて互いの絆を深くすることです。社員研修にグループワークを取り入れるメリットは、そのグループ内でのコミュニケーションを促進できることで、結果として日常業務でも互いに連携しながら働いてくれるようになると期待できます。

意見交換により新しいものが生まれる可能性がある

研修でグループワークを導入すると、どんな内容にするかで悩むことも多いでしょう。その内容を事業に直結するものにしておくと、社員研修の結果として新しい事業の方向性が見出されることもあります。個人から意見を求めることもできますが、グループワークにすることでさらにその可能性を高めることが可能です。普段はあまり話をしない社員同士でグループを作り上げ、異なる視点から意見交換をすると互いに刺激になります。その刺激によって新しい発想が生まれ、こんな事業展開もあり得るのではないかという意見が出てくる可能性があるのです。グループワークにすることで一人一人の参加を半ば強制的にすることができるため、普段はあまり意見を言わない人からも発想を出してもらえるでしょう。

昇進したなら、部下の管理をしなければなりません。管理能力を身に着けるためにも、管理職研修を受けましょう

関連記事