引越前の片付けが早く終わるテクニックとは?

引越前の片付けは、使用頻度で仕分けよ!

引越前にやる片付けは、とにかく時間がかかり面倒くさく感じるものです。特に時間がかかるのが、持っていくかそれとも捨てるか判断する時間になります。もう何年も使っていない品でも、思い出が詰まっていてなかなか捨てる決心がつかないのもよくある話です。しかし悩んでばかりいると、少しも片付けは進まず日が暮れてしまいます。短い時間で引越前の片付けを済ませるには、例えば1年以上使っていない物を集めるなど、まず使用頻度に応じて仕分けるのがおススメです。

引越前の仕分けは、「迷っている」も選択肢に加えよ!

使用頻度に応じた仕分けをしていくと、使用頻度が低いものの中には捨てたいものも多く出てきます。しかし捨てる判断をする際「捨てる」「持っていく」の2つの分け方しかないと、物に対する愛着などにより迷うものが出てくるのです。そこで、解決策として「迷っている」を分け方に加えてみましょう。「迷っている」状態をありのままに受け止め、とりあえず作業を進めるのです。全て仕分け終えてから、持っていくかどうかを悩めば作業していない時間を減らせます。

引越前に慌てないように、日頃からきちんと片付けよ!

日頃からの片付けがきちんとできていれば、引越前に片付ける手間は減らせます。まず必要なものといらないものを区別する習慣も自然に身に付きます。そもそも物がなければ、判断する必要がないので頭を悩まさずに済むのです。部屋も広くなり、引越前に片付ける際のスペースも広くなり効率的に作業できます。邪魔なものをよけながら運んだりしていては、引越前の片付け時間が余計にかかるのです。たまには不要なものがないか部屋を確かめるのも、引越前の片付け時間短縮になります。

引っ越しのタイミングで不用品の回収を依頼するケースがあるため、近年は引っ越しとのパッケージ料金を設定する業者が増加しています。

関連記事