知っておきたい!太陽光発電のメリットとデメリット

どんなメリットがあるのか

太陽光発電のメリットとしてまず挙げられるのは、「電気代を削減できる」ということです。日が差している昼間は発電が行われているため、それを自家消費することができますし、蓄電池を備えておけば昼間に蓄えた電気を夜に使うこともできます。ですので、電気会社から買う電気を減らして電気代を削減できるのです。次に挙げられるメリットは、「余った電気を売ることができる」ということです。発電した電気は、自家消費するだけでなく電力会社に売ることもできるので、副収入を得られます。また、太陽光発電を導入すると、固定価格買取制度によって10年間は同じ価格での買取を保証してもらうことができます。さらに「災害時でも電気が使える」ということも、太陽光発電の大きなメリットだと言えるでしょう。

デメリットも知っておく

太陽光発電のデメリットとしては、「初期費用が高い」ということがまず挙げられます。以前と比べるとかなり安くなっているのですが、100万円~200万円程度が相場なので決して安くはないと言えるでしょう。しかし、自家消費や売電によって7年~8年程度で元が取れる場合が多いですし、ローンを利用することで初期費用を抑えることも可能です。次に挙げられるデメリットは、「発電量が天候に左右されてしまう」ということです。太陽の光によって発電しているため、雨や曇りの日はどうしても発電量が落ちてしまいます。ですが、年間を通して考えると発電量は安定したものになりますし、気になる場合は販売店にシミュレーションをしてもらうとよいでしょう。

太陽光発電の価格が妥当なのか調べるのに最適なのが、比較サイトです。各社の価格を比較検討しやすくなっており、価格の妥当性の判断に役立ちます。

関連記事