自営業の始め方!始める前に準備することが大事!

自営業を始めるときにはお客さんを見つけておく

自営業を始めるときにはお客さんを先に見つけておくと、すぐに稼げる可能性があります。代理店や仕事をくれそうなお客さんに自営業を始めると宣言しておくと、始めたときに仕事を依頼してくれるかもしれません。そのような仕事が始めにあれば、自営業を始めてすぐに仕事がなくて困るということがありません。お客さんがいない状態で自営業を始めると、生活できなくなる可能性もあるのです。

準備段階で辞める前の会社と折衝をしておく

自営業を始める準備をするなら、辞める会社と話し合っておく必要があるでしょう。特に自営業を始めるときに仕事を依頼してもらえそうなのであれば、取引先として丁寧に対応しておくと仕事を回してもらえるかもしれません。何も言わずに辞めてしまうと、あとでトラブルに巻き込まれる可能性もあります。信頼できる人だけにでも話しておくと、辞めたあとに動きやすくなります。

仲間を集めておくことが大事

自営業の準備として仲間を集めること大事です。仲間は仕事を手伝ってくれるだけの存在ではありません。仕事がないときに仕事を回してくれる可能性もあるのです。仕事仲間であり、仕事の依頼をしてくれる取引先にもなります。仲間をできるだけ多く作っておくと、自営業を始めたあとに役立つことが多いのです。

計画を立てることも大事

準備に計画を入れていない人は多いかもしれません。すぐに仕事があるために計画が必要ないと思うのです。しかし、計画を立てておけば、1年後の売り上げなどを予想できます。そうなるようにどうすればいいかを考えられるので、計画は有用なのです。

フランチャイズというとコンビニや飲食店を想像しますが、実はハウスクリーニングや塾、中古品買取、遺品回収など数えきれないほど多種多様な業種が参入しています。

関連記事